アレルギーがあってもケータリングは使える?

ケータリングを利用したくても、アレルギーを持っていると利用を躊躇してしまいます。
この場合には、アレルギー対応のケータリング店を利用してみるとよいでしょう。
ケータリングでは、通常海産物や野菜、果物などアレルゲンとなりうる食品を利用して食事を作っていくことになります。
色々なアレルゲンとなる食品を使用していることで、アレルギーがある方は食べることができなくなってしまうのですが、ケータリングを行っているお店に相談することで、体調の変化を起こしやすい食品を抜いてもらうことができるのです。
特定の食品に対して体が反応しやすい方については、利用する前に相談してみるとよいでしょう。
また、お店によって、卵不使用や小麦粉不使用など、決められた食品を抜いて食事を作ってもらうこともできますので、アレルゲン成分がわかっている方は利用してみるとよいでしょう。
さらに、体に対しての負担が気になるという方については、無農薬や有機栽培の食品を使っているお店を選んでみたり、ベジタリアン対応の食事に対応しているお店を利用してみるとよいでしょう。
無農薬の食品を食べることで、免疫機能を強化することができますので、食品に反応しにくくなってきます。
また、野菜については、ほかの食品に比べて体にも優しくなっていますので、体調に変化が起こりやすい方についても安心して食べることができるでしょう。
ケータリングを利用したいときには、臨機応変に対応してくれるお店を利用してみるとよいです。

ケータリングで人気なメニュー:懐石料理

ケータリングを利用すれば、日本料理の最高峰とも言える懐石料理を自宅でも楽しむことができます。本来は茶室で楽しむのが懐石というものですが、最近ではケータリングを利用すれば華やかなパーティー会場でも楽しめるようになりました。この料理は極めて繊細な盛り付けが特徴で、料理の細部にまで職人の心配りが行き届いています。茶の湯の一期一会の精神によって作られるもので、料理には客に対するおもてなしの精神も込められています。

伝統的な和食に関しては、昔から出前や仕出しのサービスがありますが、ケータリングでは完成直前まで調理をしておいた料理を持ち込んで、客の目の前で最終仕上げをして配膳してくれるサービスです。場合によっては、職人がその場で包丁を使って鯛やヒラメのお造りを作ってくれることもあります。その場で職人が技巧を振るって料理をしてくれるのですから、パーティを盛り上げる演出効果も大いに期待できます。

人気の日本料理店が行うケータリングであれば、かなり前から予約をする必要があります。予約をして待たされても利用してみたいと思うだけの魅力があるのも確かで、リピーターとなって利用する客も少なくありません。懐石料理であれば、お年寄りにとっても親しみやすいものです。足が不自由で料理店まで足を運べない場合であっても、ケータリングを利用すれば自宅が料理店のようになりますから、家族揃って楽しめます。そのため、ケータリングは介護施設での需要も高まっています。

ケータリングで人気なメニュー:イタリアン

イタリアン料理のケータリングも最近では一般的となり、自宅での誕生日会や企業が開催するパーティーなどでも利用されることが多くなりました。ピザの出前であれば昔からありましたが、ケータリングの場合は出前や仕出し料理とは配膳方法が大きく違います。店で作った料理をパック詰めにして客のもとへ運ぶだけであれば、昔ながらの仕出しサービスと同じとなりますが、ケータリングの場合は料理の下ごしらえを店で行ってから、最終的な仕上げをパーティー会場などで行って配膳するのが特徴です。

イタリアン料理であれば、バジルやトマトのソースを使った美しい盛り付けが印象的です。ケータリングを利用すれば、バジルやトマトをたっぷりと使ったピザも焼きたての状態で提供することができます。パスタ料理に関しても、パーティー会場で最終仕上げをして盛り付けをしてくれるため、パスタが伸びてしまうことがありません。熟練のシェフがその場でパスタとソースを使って仕上げをすれば、誰もが納得する美味しさとなります。

ケータリングの人気が高いわけは、料理の演出効果が魅力であることも影響しています。店で調理した料理を運ぶだけであれば、演出として利用することはできませんが、時には人気シェフが自宅やパーティー会場まで出張して調理を担当してくれるのですから、評判が高いのは当然と言えます。レストランまで直接に足を運ぶことが難しい場合であっても、ケータリングを利用すれば自宅がレストランへと早変わりして、本格的な料理を楽しむことができます。